2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ばあばのアルバム

  • tuna.be

可愛い孫達

  • Img_5170
    7人の孫たちの成長を見てください。

歌ごよみ

  • P1080589
    実家の母の短歌です。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

旅行・地域

2013年5月 8日 (水)

たった一日のお休みは

ゴールデンウイークも終わり
孫たちは学校へ保育園へと通い始め、昼間は静かな一日となりました。

私のGWは・・・5月3日、一日だけのお休みでした。

5月3日、定休日と重なった祝日。
遠慮無しにお休みできると、孫たちとお出かけを計画。

GW中はどこに行っても混雑してるので近場でゆっくりとすることに・・・

まずは 真備町の「美しい森」
300匹のこいのぼりが泳ぎ、アスレチックに芝(?)の広場

Img_5669


Img_5579 Img_5590

Img_5599 Img_5618

みんな元気に思いっきり走り回って、大人も童心に返ってはしゃいでいます。
お弁当を食べて、みんなで写真を撮って

Img_5541 Img_5637

そして夜。

備中国分寺(吉備路)のライトアップとそこで演奏される総社の温羅(うら)太鼓を見に行ってきました。

Img_5682


Img_5718 Img_5708

綺麗な五重塔のライトアップと力強い太鼓の響きに感動。

ノリノリのソウちゃんとケイちゃんの写真撮りたかったな~


2013年3月24日 (日)

長島スパーランド

三重 二日目は長島スパーランド

Dcim0698
孫たちの一番の目的地。

私たちジジババは小さいあっ君の守り役でと思っていたのですが

小、中学生まで楽しめる「キッズタウン」

Img_5170

ここでは何と身長が足りなくても高校生以上の大人が一緒なら3才のあっ君でも乗れるものがいっぱい。
けっこう怖いジェットコースターにも乗れたんです

Img_5177 Img_5225
Img_5298 Img_5255


Img_5399

あっ君が一番楽しんだのは大きなトランポリン(?)「ふわふわドーム」

Img_5379 Img_5388
跳んで、転んで、滑って・・・notenotenote

最後にピーターラビット(?)とcamera

Img_5395


もう帰ろうという2時頃、駐車場に着いたとたん雨がrain

良かった~ チョッと曇り空で心配してたけど遊んでいる間は雨に当たらなかったscissors

小さなあっ君も楽しめたスパーランド

お家で留守番してる残りの孫たち・・・連れてきてやりたかったな~

※ 鳥羽水族館(60歳~)、長島スパーランド(55歳~) シルバー割引きでした(笑)

2013年3月21日 (木)

行って来ました

Img_5134_3

3月19日と20日にかけて「なばなの里」まで行って来ました。

ず~っと行きたかったところ、念願かなってhappy01

次女と孫3人と私たち夫婦の6人です。

19日明け方岡山を出発rvcardash

寝ぼけ眼のあっ君を抱っこして家を出たもので、気がつけばあっ君の靴を忘れてるbearing

9時前に伊勢神宮に到着・・・広い!

おまけに靴のないあっ君をずっと抱っこ、重い!

もう内宮だけでいいcoldsweats02

Img_4971 Img_4965

神宮横のお店を見てまわり、赤福本店で休憩

Img_4989 Img_4987
美味しい赤福とほうじ茶を頂いて(あっ君の靴を買い)

孫たちが楽しみにしている鳥羽水族館に向かってrvcardash

丁度セイウチのショーが始まったばかり・・・このショーはとても見ごたえがあって面白かったです。

Img_5008怖々触ってます

娘たちが丁度このくらいの時に渥美半島からフェリーで渡ってこの水族館にきました。

そのときにいた、ジュゴンのセレナ、30年たった今もまだ健在(?)でした。

大きな魚から小さなさかなまで本当にたくさんの魚たちに会えて感激!

Img_5054 Img_5048_3

「なばなの里」に向かう途中、二見の夫婦岩を見に行こうと またも寄り道。
Img_5062 Img_5059


 

そして「なばなの里」は春真っ盛り、梅にサクラにチューリップ、パンジー等々
ミツマタや雪柳の花も咲いています。

Img_5077 Img_5081

Img_5091 Img_5082_4

チョッと休憩 入り口で買った焼き芋を食べて、さあ夜の部の始まりです。

光のトンネル、木々に灯るイルミネーションshine

本当に綺麗で感動しました。

Img_5149_2 Img_5156

Img_5126_11 Img_5142_3

Img_5107_2 Img_5111

Img_5099_3

一日目はここで終わり、ホテルに帰って孫たちとゆっくり温泉に入りspa
明日は孫たちが楽しみにしている「長島スパーランド」です。

2012年11月15日 (木)

日本のマチュピチュ

行ってきました。

日本のマチュピチュ、天空の城 武田城跡

朝7時半、岡山を出る頃はとてもいいお天気だったのに、武田城跡に着いてこれから1時間半の歩きという時になって大雨rainrain

ボランテァガイドさんの声も聞き取れないほどの雨音

傘を持ってきてない人もたくさんいて、あい合い傘で山城歩きです。

雨で写真も上手く撮れません。

Img_3904

Img_3908

Img_3913_3

今の時期 早朝に見られる雲海の上に浮かぶ城跡がとても素敵だとか・・・http://www.tomorrowearth.com/2008/08/takeda-castle.html

ここ武田城跡は「天と地」「あなたへ」のロケ地として使われた所。

天守閣跡からの360度のパノラマは見事でした。

バスに戻ると雨は止み 青空も見えてきました。

お昼を食べて 豊岡のかばん工場で買い物。

夕方の5時ごろ 辺りが暗くなりかけて もう一つの目的地である「安国寺」に到着。

バスを降りる頃には またも大雨weep

ここはドウダンツツジの真っ赤な紅葉が有名。

暗くなってツツジの紅葉が見えるのかと思いきや、行ってみれば見事な紅葉。

しかもライトアップされていて、単に行程が遅れたのではなく、この時間に行ったのはこれが狙いだったのか?

まるで額縁に入った絵のようです。

Img_3927_2

Img_3930

とても綺麗に紅葉していて、ここは今日が見ごろだとか・・・maple

前の会社のOB10人でのツアー参加で行った日帰り旅行。

雨で残念でしたが、素敵な紅葉も見れ、バスの中も賑やかで、とても楽しい一日でした。

次はカニの食べ放題ツアーを計画してるとか・・・scissors

2012年11月 3日 (土)

日光の紅葉

日光の紅葉

Img_0083_3

と言っても これは昨年のもの

昨年11月初め、主人と二人で日光に行ってきました。

帰ってから実家の母の容態が悪くなり、毎日病院に通っていてブログに乗せることもなくて・・・

最近テレビで日光の紅葉がよく放映されていて、一年ぶりに写真を見てみました。

夜中 群馬まで車を走らせ、SAで仮眠。

栃木、日光街道の木々はもう真っ赤に色づいていた。

朝一番に日光東照宮に。

Img_0110 Img_0100_2

Img_0093 Img_0121

Img_0123 Img_0163

Img_0089_2 Img_0168
見事な紅葉でした。

鬼怒川温泉から紅葉ラインを通り、素晴らしいモミジの紅葉とたくさんの滝に出会いました。

Img_0126 Img_0131

華厳の滝を経て中禅寺湖に・・・

男体山と遠くに見える中禅寺湖と華厳の滝

Img_0193_2 Img_0197

群馬県に戻り 沼田にある 吹割りの滝へ

Img_0218_2 Img_0219
この滝は知人に勧められて行ってみたんですが、本当に見事な滝でした。

そして帰りに見た富士山(おまけです)

Img_0297_2

2012年8月13日 (月)

北海道 最終

北海道最後は・・・

7月5日 函館~小樽~舞鶴

この旅行で初めての雨rain

雨の中、函館朝市に・・・お土産はここでと決めていたので市場の中をウロウロと・・・

たくさんのお店があって迷ってしまいます。

気さくなおば様のお店、親切なおじ様のお店、威勢のいいお姉さま(?)のお店で、魚、チョコ、菓子、果物をゲット。

市場を出るとあんなに降っていた雨も止んでいて、小樽に向けて快適なドライブrvcardash

途中札幌で途中下車(?)

北海道に来て、連絡を取り合った 札幌に住むmixiのお友達 Hさん

昨年 奈良から北海道に来られ、岡山から近い奈良では会うチャンスがなくて、こんなに遠い北海道で会えるなんてね~

急に「今、北海道に来てる」とメールしたにもかかわらず、「会いたい」と返してくれ、嬉しくて嬉しくて・・・

デパートで待ち合わせ、少しの時間でしたがお茶をしながらお話しでき
あれもこれもと話したいことがいっぱいで、今日初めてお会いしたのに、お喋りが止まらない私でした。

「今度は奈良で会いましょう」と約束して・・・興奮冷めやらぬままお別れweep

小樽に向けて走り始めました。

小樽の街でお買い物、北一ガラス、オルゴール館と定番のお店を見てまわって孫たちのお土産を買う。
喜んでくれるかな~?と思いながら・・・

夜 11時半、小樽の港を出港ship

フェリーの上で朝を迎え、4時過ぎに頑張って日の出を写そうと思っていたのですがお天気があまりよくなくって

Img_2976

夜 8時半に舞鶴港に着きました。

実家の父が満州から引き揚げてきた港。
のちに訪ね 涙したという舞鶴港。

どんなところかゆっくり訪ねてみたいのに、いつも夜。

何にも見えないeye

とりあえず港だけでも写しておこう。

Img_3030_2

長~い北海道の旅が終わりました。

ジイジと喧嘩もせず、楽しんできました。

会いたかったお友達ともお会いできたし、従兄妹たちとも久しぶりにお話でき
本当に楽しい一週間でした。

どこまでも果てしない北の大地。

まだまだ行ってみたい所はいっぱい。

また今度 必ず訪ねることが出来ますように・・・

2012年8月 6日 (月)

北海道 ⑤

7月4日 富良野~函館に

ホテルを出て新富良野プリンスホテルまで行き、そこから送迎バスに乗って
「風のガーデン」まで・・・

ゴルフ場の18番ホールに作られた「風のガーデン」までは個人の車では行くことが出来ません。

「風のガーデン」に着くとまずは羊が出迎えてくれます。

ドラマ撮影のため、2年がかりで作られたというお庭と花々。

Img_2833 Img_2845

Img_2847_4 Img_2849_2

Img_2859_7 Img_2865_2

素敵なお庭と花々に感激!

まだまだ見たいところはいっぱいの富良野を後にし 函館に向かって走りますrvcardash

途中大沼公園に寄り 湖の中をクルージング(?)

たくさんの小さな島々が美しい景観をもたらしてくれます。

Img_2882 Img_2895

Img_2909_4 Img_2872


夕方までに函館に着いて函館山に登らなくては・・・と先を急ぎ
まずはホテルに車を置いて

函館山ロープ-エーに乗って山頂までsubway

まだ日が暮れるまでには時間があります。

食事をして待っていると、どんどん人や観光バスが登ってきて

展望台に出るともう大勢の人、人、人・・・

夜景を見る場所さえありません。

人の間からパチパチとcamera

Img_2923_2 Img_2940

Img_2924_6

二度目の函館、この夜景は何度見ても素敵です。

明日は函館朝市でお買い物。

娘たちから頼まれたお土産、忘れないようにpencilpencil

2012年7月30日 (月)

北海道 ④

7月3日 稚内から富良野へ

朝早い時間に稚内を出発rvcar

チョッと遠回りをして紋別、湧別を通って旭川へ、そして富良野に入るコースで・・・

途中、クッチャロ湖に、冬場なら白鳥がたくさんいたのでしょうが
今の時期、静かな(寂しい)湖でした。

Img_2764_2 Img_2763

クッチャロ湖に着くまでの海岸近くの牧草地

この旅で初めて出会えた可愛い動物

Img_2743_2

Img_2758_2

チョッと遠かったのが残念でしたが、長い時間走ったり草を食べたりで楽しませてくれました。

こんな何でもないところにいるんですね。

紋別にある「オホーツク流氷科学センター」に寄り、流氷に触ったり、クリオネを見たり、地下に降りればガラス越しに水中の魚が見れ、
港には「ガリンコ号」見ることができます。

Img_2776_2 Img_2779

Img_2783_2 Img_2772

遠回りをしたせいで 富良野に着くのがお昼をずいぶん回ってしまいました。

いよいよ富良野(美瑛)です。

前回 富良野に来たときは「北の国から」の舞台を主に回っていたので

今回は花が見たいと・・・まずは「ぜぶるの丘」「亜斗夢の丘」

Img_2788_3

Img_2785_4

とても綺麗で感激!

ここから「ケンとメリーの木」はすぐそこ。

Img_2793_2

少し走って「セブンスターの木」も見てきました。

Img_2804_2

「パッチワークの丘」は緑の濃淡の絨毯

よくよく見れば、ジャガイモや大根などのお野菜が植えられていました。

Img_2809_2

「新栄の丘」から「赤い屋根の家」を見て「四季彩の丘」にrvcardash

Img_2817_2

Img_2818_2

Img_2823_3

Img_2826_2

Img_2825_2

この日の宿はワイン工房のある「リゾートイン ノースカントリー」

もちろんワインいただきました。

明日は お友達のブログで見た「風のガーデン」にどうしても行きたい!!

2012年7月24日 (火)

北海道 ③

7月2日 利尻、礼文

前夜、「島に渡りたい」とホテルの主人に聞いたら

今の時期は島に定期観光バスが出てるから、利尻も礼文も両方一日で回れると教えてくれ、フェリーや観光バスの時刻表を手渡してくれた。

朝、6時半稚内港から利尻島に向かって出港ship

昨日行ったノシャップ岬への風景がそしてその向こうに昨日は見えなかった利尻島が見えた。

Img_2600 Img_2611

1時間40分程のフェリーの上。

秋田から来たというご夫婦とお話
2年前まで石巻にいた。震災の前に秋田に・・・
でも弟さん一家は津波で家が無くなり(幸い家族はみんな無事)仮設住宅に暮らしているとか・・・

利尻に着くと定期観光バスが待っていて、すぐにそれに乗り込んだ。
これまた、まったく知らない方たちの集まり。

若いガイドさんの案内にみんなニコニコヽ(´▽`)/

観光バス・・・いいですね。
4時間のコースで見たいところ、主なところはチャンと案内してくれて、
自分たちで行っていたらどこに行ったらいいのか迷ってしまいますね。

P1070926 池に映る、利尻富士

Img_2637

Img_2639

Img_2669


姫沼、オトタマリ沼、仙法志御崎と見る角度によって利尻富士がどんどん変わっていきます。

姫沼では板張りの遊歩道、一列で歩いてジイジと離れてしまい
一番写したいところでジイジはいないweep

仕方が無いので近くにいた知らないオジサンに「すみませ~ん」てcamera

が、この写真
P1070928

やっぱりジイジがよかったな~

Img_2694_2

凄いかもめの群れを見て、次は礼文に向かってのフェリー、40分。

礼文でも3時間の観光バスに乗って島を案内してもらいます。

花が少なかった利尻に比べ こちらは花がいっぱいです。

Img_2699 Img_2702

Img_2723_2 Img_2700

Img_2725 Img_2701

Img_2702_2 Img_2710

Img_2719 最北限の地 スコトン岬

Img_2726 最北限のトイレ 入ってきました

Img_2733

ネコ岩、桃岩を見て 礼文ともお別れ

Img_2736_2

礼文発最終フェリーに乗って約2時間、19時30分稚内に帰ってきました。

車を運転したわけでもないのになぜか二人とも疲れ・・・
そういえばゆっくりご飯も食べてなかったと、今夜は居酒屋で一杯beer

明日はクッチャロ湖~ガリンコ号を見て(遠回りですが)富良野に入ります。
  

2012年7月21日 (土)

北海道 ②

長~く間があいてしまいました。

7月1日 今日は稚内に向かって走ります。

ホテルでの朝、出発の準備をしていると「会いたい」ってメールが・・・

ブログ友のSさんからです。

旭川に行ったら是非会いたいと思っていたんですが、二人の予定が合わず、半ば諦めていただけに嬉しくて嬉しくて・・・

ブログ内でお話ししていたので 初めてお会いしたとは思えないほどの親しみを覚え、さっきまでのドキドキは消え去り、出発前のほんの少しの時間でしたが、お顔が見れて、お話できて、本当に良かったです。

また今までとは違った思いで、ブログの拝見が楽しみになってきました。

さあ、まずはサロベツ原生花園を目指してrvcardash

周りの景色は・・・・広大な牧草地帯とどこまでも伸びている広~い道路

Img_2542_2

Img_2525_2


Img_2528_3


Img_2520


肝心のサロベツ原生花園・・・広すぎてどこに行ったらいいのか???

グルグル回り、車を走らせているうちに原生花園を出てしまっていたようでcoldsweats01

今日中に日本最北端の地、宗谷岬とノシャップ岬にと・・・・rvcardash

思ったより早く稚内に到着

まずは宗谷岬に。

ここで記念写真(主人の会社に提出の為)

Img_2551 風が強くて髪はボサボサweep

雲が多くて残念ながらサハリンは見えませんでした。

来た道を帰り、ノシャップ岬に行ってみたが

ここでも雲が邪魔をして 利尻島も礼文島も見えなかった。

夕日が綺麗なところと聞いていたが少し時間が早かったので

すぐそばの小さな小さな水族館に

ここでであったお座りアザラシ

可愛かったのでパチリcamera

Img_2578_2

ハマナスの花も綺麗に咲いていました。

Img_2569

残念ながら綺麗な夕日も見れずweepホテルに入りました。

明日は利尻島、礼文島に渡ります。

綺麗な花、そこにしかない花を楽しみに・・・

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー